「保育の無償化」に必要な予算と、その予算で他に何ができるのか中央区のデータで試算してみました。

 プレゼンテーションのイラスト「ホワイトボード・グラフ・女性」

 おはようございます、ninofkuです。今回は、先日ブログの記事として取り上げた保育の無償化に関する議論の続きです。与党批判ありきではなく現実的な議論をするべきだということを書いたところですが、さっそく残念な方向に話が流れていてげんなりしている今日この頃です。

 元々無償化を掲げていたにもかかわらず、選挙後にはその無償化の対象に認可外を含めないという方針を示したところまでは先日の記事で書きました。これに対して、最新の動向では認可外にも補助金を支給、しかし月額2.57万円で調整しようとしていることになっています。

www.asahi.com

 認可外も対象になるということでこれは悪くないじゃないかと思っていたのですが、これに対して「これでは無償化ではない」「認可外も無償化するべき」といった意見が出てきています。わたしが「残念な方向」と感じたのは、政府案ではなくこれらの流れについてです。今回はこの点について説明した後に、実際問題としてどの程度保育の無償化をやろうとしたときに予算がかかるのか、そしてその予算で他に何ができるのかについて、他に取ることのできる選択肢としてどのようなものがあるのかについて、中央区のデータを用いて具体的に検討していきます。結果的に随分と長い記事になってしまいましたが、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

  • 月額2.57万円への批判に対する疑問
    • 「無償化」は二の次ではなかったか? 
    • 目指すべきは無償化よりも全入化
    • 現実的な議論の道筋は?
  • 中央区のデータによる予算の規模の試算
    • 基礎的なデータの公開
      • 中央区に関する基本的なデータ
      • 中央区の子育て関係予算の概要
      • 各保育園の定員と保育料に関する基礎資料
    • 無償化に要する予算規模の比較
      • ① 3-5歳までを認可のみ無償化
      • ② 3-5歳までを認可、認証、認可外全て無償化
      • ③ 3-5歳までを認可のみ無償化、認証、認可外には月額2.57万円
    • 代替の選択肢として考えられるものは
      • ④ 3-5歳までの保育料を認可同等まで引き下げ
      • ⑤ 全年齢で保育料を認可同等まで引き下げ
      • ⑥ 待機児童の家庭にベビーシッター補助
  •  最後に 
続きを読む

「保育の無償化」に関する議論の現実的な落としどころはどこなのか?

https://4.bp.blogspot.com/-PyevnFf9XCo/V9vCbQXQ_oI/AAAAAAAA99w/CuELHnZEj3s09aiiu63QP9lQUTtKfjQbwCLcB/s400/kaisya_tairitsu_wakamono_toshiyori.png

 おはようございます、ninofkuです。ここのところ、保育の無償化をどのように実現するべきかという議論が盛り上がっています。発端は、保育の無償化に関して「認可外保育施設の一部を対象としない」という制度設計を検討していることが分かったことから。以下の朝日新聞の記事ですね。

www.asahi.com

 この記事に端を発し、様々な方面から今後の無償化のあり方について意見が出てきています。今回はこちらの問題についての整理と、わたしの考えについて書いてみたいと思います。

  • 保育の無償化に関する議論について
    • 今回の議論の経緯
    • 保育の無償化の問題点
      • 1) 認可外保育園の位置付け
      • 2) 認可と認可外での費用負担格差の広がり
      • 3) 保育事業への参入インセンティブの低下
      • 4) 所得格差の拡大
    •  現状の展開
  • 保育の無償化はどのようにあるべきか? 
    • 1. 所得制限を設けるか
    • 2. 無償化とするか、一定額を上限として補助するか 
    • 3. 対象を全ての認可外に広げるか、一部のみに留めるか
  • 最後に
続きを読む

先日の保育園関係の開示請求の結果が来ました。

http://3.bp.blogspot.com/-SDQ1dU-K_mE/VPQUF1a2-dI/AAAAAAAAsG4/fwsm5q5oLoU/s400/syorui_morau_woman.png

 おはようございます、ninofkuです。先日紹介したとおり、以下の記事で改めて開示請求を行ったことについて書きました。 本件についての結果が昨日届いておりまして、その内容のご報告と、一部開示されたデータを公開いたします。

ninofku.hatenablog.com

  • 開示請求の内容と結果
  • 開示されたデータ(保育園ごとの待機児童者数)
    • 開示されたデータについて
    • このデータの使い道
  • 不開示だったデータ(利用調整指数の分布)
    • 不開示だったデータについて
    • 中央区区の回答
    • わたしの反論
    • 今後の展開
  • 最後に
続きを読む

平成30年度の中央区の認可保育園の申込に関する情報を前年度と比較してみました。

https://4.bp.blogspot.com/-YiybfO2Q7eI/Vw5K0M1LVCI/AAAAAAAA5tc/IUsoF1brRIAoMNHvdsmkAeg4wnM49byDQCLcB/s400/pose_necchuu_computer_man.png

 こんにちは、ninofkuです。今回も保育園ネタです。平成30年度4月、つまり来年の4月からの入園に向けての募集要項が公開されましたので、その内容を前年度のものと比較してみたいと思います。なぜこのような内容を確認しておきたかったかと言うと、過去の記事で応募の当落ラインなどの記事を書いていたためです。次年度の募集にあたって、そもそもの前提条件が変わっているようであればそれらの情報を改めなければなりません。先に結論から言うと、募集に関して根幹に関わるような変更点はありませんでした。

  • 最新版の募集要項
  • 平成30年度と平成29年度の変更点
    • 1. 居宅訪問型保育事業の追加
    • 2. 認可保育園の追加
    • 3. 希望園の選び方に関する記載の追加
    • 4. 病後児保育室の追加
  • 最後に
続きを読む

中央区の待機児童の状況や過去の応募状況について開示請求を(また)行っています。

f:id:ninofku:20171020000819p:plain

 

 おはようございます、ninofkuです。今回は開示請求ネタです。過去に何度か中央区に対して開示請求を行っていますが、改めて今回手続きを行うことにしました。その経緯と今回の請求内容について簡単に紹介します。

  • 開示請求の仕組みとこれまでの経緯
    • 予算・決算に関する内容
    • 保育園に関する内容
  • 今回請求した内容 
  • 最後に
続きを読む

なぜ中央区の待機児童は年々増えているのか?(過去5年のデータから振り返る)

プレゼンテーションのイラスト「ホワイトボード・右肩上がりのグラフ・男性」

 こんにちは、ninofkuです。今回も中央区の保育園ネタです。先月に東京都が公開している待機児童のデータを元に、東京23区の保育サービスの利用しやすさについての記事を書きました。

ninofku.hatenablog.com

 この記事を書いたことで初めて気付いたのは、わたしが在住している中央区は「保育サービスの利用しやすさ」のランキングでほぼ底辺をさまよっていることでした。直近の平成29年4月で21位、過去5年で見ても常に最下位圏にとどまっています(21位→16位→16位→19位→21位)。今回の記事では、なぜこういった状況になっているのかについてもう少し詳細に分析してみたいと思います。

  • 過去の数値の推移の確認
    • 区ごとの指数ランキング結果
    • 中央区の状況
  • 中央区の待機児童が増え続ける理由
    • ① 他の区と比較して、圧倒的に子どもの数が増えている
    • ② 子どもの数の増加に対して、保育サービスの拡充が不十分
  • 結論と今後の展望
続きを読む

中央区の認証保育園、無認可保育園の情報をデータ化してみました。

認可外保育施設のイラスト

 おはようございます、ninofkuです。そろそろ2018年度(平成30年度)の保育園の募集がスタートするかと思いますので、今回も保育園ネタです。今回は、中央区の認証保育園、無認可保育園の情報をデータ化しましたので公開します。今年の2月くらいに認可保育園のデータを公開した記事を掲載していまして(以下リンク)、その続きの企画です。

ninofku.hatenablog.com

児童福祉法としては「保育所」が正式名称であり「保育園」は通称ではあるものの、一般的な検索キーワード としては「保育園」が圧倒的であろうという判断から便宜上このブログでの表現は「保育園」として統一することとします。

  • 中央区の認証保育園、無認可保育園に関するデータ
    • 認証保育園に関するデータ
    • 無認可保育園に関するデータ
  • 保育園情報のマッピング
  • 最後に
続きを読む
Copyright © 2016-2017 東京の中央区で、子育てしながら行政について行政について考える行政について考えるブログ All rights reserved.