プレミアム付き商品券購入にあたっての年齢制限は妥当か?他の区の事例も含め検証してみた

 ほづみゆうきです。本日はプレミアム付き商品券について考えてみます。プレミアム付き商品券とは、たとえば1万円払うと1.2万円分の商品券が手に入れられるという政策で、多くの自治体で実施されています。この政策について考える発端になったのは以下のツイート。

 

 これは、区議会議員の高橋まきこさんによるハッピー買い物券の件に関するつぶやきで、買い物券の購入対象が「16歳以上」となっているのはおかしいのではないかということでした*1。わたしも子どもが2人いますが16歳未満なのでこのルールに引っかかっており、あくまで購入できるのはわたしと妻の分だけ。これまでこのことを恥ずかしながら意識することはなかったのですが、高橋さんのこの発言を受けて議会でのやり取りを聞く限り、やはりこのルールはおかしいのではないかと考えるようになりました。その問題点と他の区の状況、その上で今後どうあるべきかについて書いていきます。

  • 中央区の年齢制限に対するスタンスは?
    • 議会でのやり取り
    • やり取りの整理
  • 区内の商工業の支援に、年齢制限は妥当か?
    • 利用場所(区内でしか使えない)
    • 利用店舗(利用できる店舗は登録制である)
    • 利用用途(用途に制約が設けられている)
    • まとめ
  • 他の自治体ではどうなってるか?
    • 子どもを制限していない区がある
    • 対象を指定していない区がある
    • 子育て世代を優遇する区がある
  • 今後のあるべき姿は?
    • まずは対象を広げること
    • 目的の効果検証は出来てるか
  • 最後に

*1:中央区 ハッピー買物券 16歳以上が対象のワケ | 高橋まきこ 中央区議会議員 https://makikot-chuo.com/2022/04/28/happy2022seijin/

続きを読む

東京都の新規事業「認証保育園での学童クラブ待機児童の受け入れ」が素晴らしい

f:id:ninofku:20220307060722p:plain

 久々の更新です。今回は学童保育について書きます。時が経つのは早いもので、我が娘も4月から小学校に通うことになりました。自分も妻も働いているので現在は保育園に通っていて、4月からは学童保育のお世話になることに。幸いにして希望の学童クラブから決定のお知らせを受け取りまして「学童落ちた、日本死ね」とはならなかったのですが、あんまり手放しに喜べるものではありません。

 というのも、わたしが住んでいる中央区は学童の定員が極めて少なくて、1年生はなんとか希望すれば入れるものの、2年生になると大概追い出されるという構造になっているためです。保育園と違って一旦入れたらそのまま残れるわけではなく、年齢が上がればより優先順位の高い新1年生が入ってくるので、相対的に優先順位が下がり追い出されるという仕組み。SNSには新2年生のお子さんをお持ちの方の怨嗟の声が轟いており、明日は我が身と思っているわけです。

 中央区の事情でいうと、保育園については世間的に2016年あたりから盛り上がったこともあり定員も増えつつあります(それでも依然として中央区は日本有数の「入りにくい自治体」ですけどね)。一方で、学童保育についてはちっとも増えていないというのが現状です。保育園のニーズが増えればその後に順調に成長すれば学童保育のニーズも増えるなどというのはフツーに考えれば当然なわけですが、学童クラブの数は増えていませんし、増える計画も2024年までありません(正確に言うと、施設規模はそのままに定員を増やすというマジックはやってます。これについては過去の記事で書きました*1)。

 これは本当に腹立たしいのですが、最近になって一つの希望の光がありました。それは2022年4月からの東京都の新事業で「認証保育園で学童クラブの待機児童を受け入れる」という取り組みが始まる予定であること。つまり、保育園の空き定員枠を活用して学童保育のような機能を持たせようということです。これは非常に画期的なアイディアだと思ってまして、この事業について書いていきます。

  • 東京都の新規事業とは
  • この新規事業の素晴らしい点
    • すぐに実現できる
    • より良い選択肢が増える
  • 懸念点
    • 量の問題(そもそもどの程度定員が増えるのか?)
    • 質の問題(安全で安心な環境が提供できるのか?)
  • 最後に

*1:

これです。

ninofku.hatenablog.com

続きを読む

中央区の保育園の利用者アンケート(第三者評価)を見やすく整理してみた

f:id:ninofku:20211113095714p:plain


 どうも、ほづみゆうきです。11月も半ばになりまして保育園入園を希望されている方はどの保育園を希望するか頭を悩ませているところかと思います。保育園のというのはこのブログを書き始めたきっかけでもあって、なんとなく思うところがあります。

 これまでこのブログでは保育園の入園の点数であったり既存の育園の情報についての生理だったりということを行って皆さんに共有をしてきました。この活動の意図としては、自分が保育園を選んだりする際に参考になるような情報がほとんどなかったことです。そもそも中央区が非常に保育園に入りづらいという情報もこちらに引っ越しをしてくるまで恥ずかしながら知らなくて随分と苦労するはめになりました。そんな経緯があったことから、同じような方が生まれないように毎年何かしらの情報を発信しております。今年の記事はこちらです。

ninofku.hatenablog.com

 今回新たな取り組みとして、それぞれの保育園に対する利用者アンケートの結果をざっくり把握できるようにするということをやってみました。今回の記事はその背景と使い方についての説明です。

  • 実は役立つ、「第三者評価」
  • アンケートを整理して散布図を作ってみる
    • 1. 質問のカテゴリ分け
    • 2. 回答の点数化
    • 3. 散布図の作成
  • おおよその傾向と注意事項
    • 傾向1. 区立認可が極端に評価が高いわけではない
    • 傾向2. 私立認可は区立認可に比べて「保護者サービス」の評価が高い
    • 傾向3. 認証保育園の評価は全体的に高い
    • 注意事項
  • 最後に
続きを読む

中央区の民間学童の情報を(ひたすらググって)まとめてみた。

f:id:ninofku:20210910084848p:plain

 どうも、ほづみゆうきです。前回の続きで学童についての話です。共働き家庭でこれまで保育園を利用してきた場合だと小学校に入ったら放課後の居場所が必要、そして公立の学童クラブ・プレディはあるけれども、学童の方は定員があって数が足りてなくて希望しても入れるとは限らない(前回の記事を発信した際、2年生からでも半分くらいは落ちた、というコメントをいただきました)。プレディは入れるにしても、定員という概念がないので安全性に若干心配あり(こちらについても、出席管理すらされていないという恐ろしいコメントありました...大丈夫か)。

 この行き着く先として、ちゃんと入ることができて、安心のできる場所ということで民間学童保育の情報ってことになるわけです。ただし、その情報がちっともどこにもまとまってないので、ちょっと調べちゃうぜ!という結果が今回の内容です。

 前回の記事はこちら。中央区の学童クラブ(いわゆる学童保育)やプレディ(いわゆる放課後子ども教室)の状況についてざっと比較して調べてみた、という内容。そもそも学童って何だっけ?という方はこちらの記事からお読みすることをオススメします。

ninofku.hatenablog.com

  • 民間学童って何?
  • 民間学童、どんだけあるか分からない問題
  • 中央区民間学童のリストできたよ!
  • 最後に
  • 余談:中長期的に、学童クラブ入れない問題はどうするべきか
    • 民間学童は、個人の自由な選択?
    • アイディア1:民間サービスの公立化
    • アイディア2:民間サービス利用者への補助
    • アイディア3:そもそも公立の学童を増やす
    • 最後の最後に
続きを読む

学童クラブとプレディって何が違うのかについてを調べてみた

f:id:ninofku:20210906102035p:plain

 どうも、ほづみゆうきです。今回は中央区の学童クラブ(いわゆる学童保育)やプレディ(いわゆる放課後子ども教室)の状況についてざっと調べてみたので共有です。元々はこの前提を元に、全然学童保育の量が足りてないよ!ということで民間学童についての情報を集めていて、そのことについて記事化しようと思ってたのですが、長くなったのでそれはまた次の記事で。

  • 我が家の現状
  • 学童クラブって?
  • プレディって何よ?
  • 学童クラブとプレディの違い
    • そもそもの位置づけ
    • 定員の考え方
    • 利用できる年齢
    • 施設の場所
    • 簡単にまとめ
  • 最後に
続きを読む

中央区でPayPaydeのキャンペーンが始まったので調べてみました

f:id:ninofku:20210404084425p:plain
 おはようございます、ほづみゆうきです。今週「区のおしらせちゅうおう」を見てたら中央区で地元の店舗の支援策としてPayPayでのキャンペーンをやるということを知ったので、一人の区民として最大限活用するべくあれこれ調べてみました。オトクに区内のお店を支援できるものですので、、ぜひぜひご活用いただけたらと思います。

  • どんなキャンペーン?
  • どこで使えるの?
  • 個人的おすすめ店舗
  • 最後に
続きを読む

1年休職して、大学院に行くことにしました。 その経緯と今後について

f:id:ninofku:20210309001054p:plain

Illustration by Freepik Storyset

 どうもご無沙汰しております、ほづみゆうきです。最近めっきり活動量が減っておりましたが実は理由がありまして、大学院受験をしておりました。ありがたいことに合格の連絡をいただきまして、仕事を1年間休職して4月から大学院に行くことにしました。政策研究大学院大学のまちづくりプログラムというコースです。今回はその辺について、ざざっと経緯などについて書いてみます。 

  • 元々の問題意識
  • これまでの変遷
    • 行政評価
    • 公共政策
    • 経済学的手法との出会い
  • 大学院の検討
  • 最後に
続きを読む
Copyright © 2016-2018 東京の中央区で、子育てしながら行政について行政について考える行政について考えるブログ All rights reserved.